社会問題となっているゴミ屋敷問題をどう解決するか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

昨今、社会問題となっているゴミ屋敷問題。
ゴミ屋敷の家主は、自分の家に溜め込んだゴミをゴミだと認識していない例が殆どだという。
ゴミ屋敷問題は、悪気がない中でゴミを溜め込み、社会問題をつくっていることが一番問題なのだ。

小さなゴミから大きなゴミまで溜めに溜めまくったゴミを処理するのはとても大変なことはいうまでもない。
小さなゴミであれば、基本的にはゴミ袋(市区町村によっては指定の)に入れて所定の場所に出しておけば回収していってくれるが、やっかいなのは大きなゴミだ。
大きなゴミは粗大ゴミと区分される。

粗大ゴミについて、さいたま市によると

粗大ごみとは
家庭から出るごみのうち、自転車やタンスなどの、一辺の長さ又は直径が、90センチ以上2メートル未満のごみは、
「粗大ごみ」の扱いとなり、通常ご利用されている収集所では回収できません。

とのこと。

粗大ゴミは一般のゴミと異なり、費用負担が大きくなることも問題を解決できない原因なんだろう。
そういう時はやはり専門の業者に依頼することを推奨する。
粗大ゴミ専門の業者の中には、まとめて依頼することでボリュームディスカウントしてくれる業者もある。

埼玉に住む知人はゴミ屋敷の主ではないが、親が亡くなった後に実家の片付けで利用したと言っていた。
親が亡くなった後の片付けは、想像するだけで大変そうだ。
やはり大きなゴミも沢山でてきたようで、埼玉のゴミ回収を専門にやっている「お助け次郎」というゴミ専門業者に相談
すぐに訪問してくれて、良心的な金額でゴミの片付けを引き受けてくれたという。

埼玉県でゴミ回収やゴミ屋敷の片付けをお探しの方はお助け次郎にご相談してみてはいかがでしょうか。

埼玉県のゴミ回収・ゴミ屋敷の片付け「お助け次郎」
https://otasukejirou.sakura.ne.jp/

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク