紀州(和歌山市)の中学受験熱が高い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

紀州といえば、和歌山。今、和歌山市内の小学生の中学受験が増えているという。

最近は、紀州のドンファンで一躍有名になった都市だが、日本一の梅の産地としても有名。

他にも日本人の食文化の原点ともいえる漬物の「紀ノ川漬」や香ばしい香りの味噌「金山寺味噌」など、白いご飯に合う逸品の数々が和歌山市の食文化を支えている。

そんな和歌山市だが、中学受験を目指す小学生が増えているという。

調べてみると、和歌山市内だけで、中学受験のための小学生の塾は大小合わせると100近く存在している。

しかし、小学生から塾とは、小学校では足りないのか?
いったい何を勉強しないと、中学受験に勝てないのだろうか?

「和歌山市、小学生、塾」や「和歌山市、中学受験、塾」などで検索した際にヒットした塾を参考にご紹介すると。

中学受験を本気で目指すのであれば、小学4年生から進学塾に通う必要があるという。
場合によっては、ジュニアと呼ばれる、小学1年生~3年生からのコースから塾に通う子供もいる。

通わせる親御さんの考えとしては、将来の基礎となる小学生での学びが特に重要とのこと。
勉強ができるイコール学ぶ力を養う。
これこそが、大人になったときに差が出る大きな要因なのだ。

もちろん、勉強だけが全てではないが、子供自身が中学受験を目指したい、塾に通いたいということであれば、力添えしてあげたいというのが親御さんの気持ち「親心」なのだろう。

中学受験の先には高校受験、そして大学受験と長い道のりが続くが、子供たちの今からの頑張りが、輝かしい未来の日本に続くのだと思う。

参考ページ:和歌山市の進学塾「進学アシスト」
参考ページ:和歌山市の小学生・中学受験の塾「アーガス進学会」

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク