元熊本県議会議長で自民党の井手順雄県議会議員が甲子園で高校野球観戦中に喫煙&飲酒!注意に応じず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

元熊本県議会議長で自民党のの井手順雄(のぶお)県議会議員(63)が今年8月、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、全国高校野球選手権大会に出場した母校の試合を観戦中、観客席で加熱式たばこを吸っていたことが9月9日に判明した。
阪神甲子園球場は場内の喫煙所を除き、加熱式たばこを含めて全面禁煙となっている。
学校関係者によると、井手氏に対し喫煙をやめるよう注意していたが、その後も吸い続けていたという。

学校関係者によると、井手氏は試合の前半から観客席で加熱式たばこを吸っていた。
近くで応援していたチアダンス部の女子生徒が「たばこの煙で気持ちが悪い」と訴えたため、学校関係者が「ここは禁煙ですよ。生徒もいるのでやめてください」などと注意した。
複数の学校関係者は、井手氏は、「注意しても『はい、はい』と答え、その後も吸い続けていた」と証言しているという。

また、場外から酒を持ち込み飲酒していたことも発覚。
当初、取材に対して「飲んでいない」と飲酒を否定していた井手氏だが、最終的には「1缶、缶チューハイを飲んだ」と飲酒を認めた。
阪神甲子園球場は場内でアルコール類を販売しておらず、当然、飲酒は禁止となっている。

井手氏は各メディアの取材に対し喫煙を認め「(九学が敗れた準々決勝で)大差が付き、つい無意識で吸ってしまった。大変申し訳ないことをした」と陳謝。
学校側にも後日謝ったと説明した。

井手氏によると、知人の同窓生らとともに三塁側のアルプス席で観戦。
周囲の関係者から「球場内は禁煙になっている」と注意を受け、加熱式たばこを吸うのをやめたという。
その後はたばこの形をした禁煙グッズに切り替えたという。

井手氏は、1999年に県議に初当選、現在6期目。2019~2020年に県議会議長を務めた。
井手氏は、自民党県連に副会長の辞職願を提出したが、議員辞職はしない意向だという。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク