安藤優子が大炎上!フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」の炎天下リポートで鬼畜の様相!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

安藤優子キャスター(61)フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」での発言でまたまた大炎上した。

大炎上のキッカケとなった事件が起きたのは8月19日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」での出来事。
午後2時過ぎに、女性ディレクターの豊田綾子さんが炎天下の京都・嵐山の渡月橋ででリポートを行っていた時だ。
女性ディレクターはマスクを付けたまま、40・1度を示す温度計の近くで現場の様子を伝えていた。

冒頭、女性ディレクターは、「かなり暑くて頭がフラフラしてきますね」とリポートしながら、手元の温度計を見せたが、その温度は40・1度。
京都・嵐山の渡月橋は日陰がないことも併せて伝えていた。

その後も炎天下でマスク装着のままリポートは続く。
暑さ防止対策を紹介していたが、女性ディレクターの様子がおかしくなる。
「すみません、ちょっとですね。暑すぎて頭がボケっとしてるんですね」と熱中症とみられる症状を訴え
「ごめんなさい。(スタジオに)お返ししときますね」と事実上のリタイア宣言をした。

この状況に対し安藤キャスターは、「えー、へへへへへ。返しちゃうの?」「あたし返されたのね。あたし返されたのね。」と大笑い。
「豊田さん豊田さん、もう1回お返ししていいですかぁ。」などと現場の状況を無視し、中継を続けさせようとした。
安藤キャスターの問いかけに女性ディレクターは戸惑っていることがみてとれる。

ここでもう1人の番組MC、高橋克実が「大丈夫ですよ。ちょっと休憩した方がいい」と割って入り、スタジオのカンニング竹山も「車に入って車に」と促した。
再びカメラが切り替わった時には、女性ディレクターはフェードアウトしていた。

問題の動画はコチラ。

番組の全動画。

安藤キャスターといえば、同番組内で以前にも、白血病を患った直後の池江璃花子選手に対し「かわいらしさと全てを持ってらっしゃるなと思ったんですけど。神様がちょっと試練を与えたのかな、というふうにも思います」などと発言し、相手のことを考えない本音で炎上することもしばしば。
見方によってはパワハラともとれる映像だ。
今回の件も放送事故レベルともとれるほどの問題なのだが、当の安藤キャスターは理解しているのか不明だ。

既に今年の9月いっぱいで番組の終了が決まっている「直撃LIVEグッディ!」。
これでは、打ち切りも仕方なし。
安藤キャスターの言動は、お茶の間に厳しいと言わざるをえない。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク