田代まさしが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕!田代まさしの替え歌が話題に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

宮城県警は11月6日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いでタレントの田代まさし(本名・政)容疑者(63)を逮捕した。

田代容疑者は過去にも覚醒剤取締法違反などの罪で有罪判決を受けており、今回が薬物では9年ぶり5度目の逮捕。
覚醒剤取締法違反では4度目の逮捕となる。

今年の10月には薬物依存のイベントで講演し、逮捕される前日の5日には自身の動画投稿サイトYouTubeチャンネル「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」に動画をアップしていた。

また、田代まさしがイベントで歌った替え歌がインターネット上で話題になっている。

アヘン コカイン マリファナ ヘロイン
たまにやってパーになって
やらんふりして たまにはやらないか

元歌は1996年に発表されたPUFFY(パフィー)のアジアの純真
作詞を井上陽水、作曲・編曲を奥田民生が務め、ミリオンヒットを記録した言わずと知れた大ヒットナンバーだ。

「アジアの純真」をこのような替え歌にし、イベントで披露していたとは。

出所後は薬物依存者の更生施設「日本ダルク」のスタッフとして活動し、講演や著書などで薬物依存の実態を伝えていたが。

本来なら「笑いを届ける為の替え歌」だったのだろうが、逮捕されたことで「笑えない替え歌」になってしまった。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク