道端アンジェリカの夫キム・ジョンヒ容疑者が恐喝容疑で逮捕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

モデルの道端アンジェリカ(33)の夫で韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者(37)が現金35万円を脅し取った疑いで警視庁組織犯罪対策2課に逮捕された。

今年の8月7日、キム容疑者は妻の道端アンジェリカと2人で東京都渋谷区にある道端の知人で会社役員の40代男性Aさんが経営する会社に押しかけて恫喝。
「お前の家族をメチャクチャにしてやる」
「嘘をついたら、鉛筆で目を刺す」
「人生やり直しだな」
などと脅して、Aさんに現金35万円を口座に振り込ませた疑いがもたれている。
取り調べに対し、キム容疑者は逮捕容疑を否認。
現場には道端も同席していたという。

その後の報道によると、Aさんは道端アンジェリカの元カレという情報も。

トラブルの舞台となったのは、キム容疑者が経営する東京都目黒区の会員制バー「U(UnderBarアンダーバー)」。
8月のとある日、そのバーに道端がAさんを伴って来店したという。
バーの中には個室があり、道端とAさん2人は個室へ。
キム容疑者は個室内の様子を監視カメラでチェック。
2人のイチャイチャぶりにキム容疑者が激怒したことがキッカケのようだ。

道端は所属事務所の公式サイトで
“既に一部報道がなされておりますとおり、今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした。”
と説明しており報道内容と合致している。

道端アンジェリカとキム・ジョンヒ容疑者は2017年12月に結婚。
翌2018年7月には第1子となる男児が誕生している。

謝罪コメント全文

2019/10/5
一連の報道に関しまして 道端アンジェリカより

お詫び

この度は、私の夫であるキム・ジョンヒのとった行動が私達夫婦に関わって頂いた全ての皆様に、多大なるご迷惑をおかけしました事を心より謝罪します。
本当に申し訳ありませんでした。
そして、私が夫の発言の現場に居合わせねばならないような状況を作り出してしまったことに対しても、深く反省しております。
既に一部報道がなされておりますとおり、今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした。
そのため、私は夫に対する後ろめたさや夫の怒りに対する恐怖などの想いから、発言の現場に居合わせた際、何もできませんでした。
ですが、お相手の方のことを考えますと、私としてはその場で何か行動しなければならなかったと思います。
お相手の方に対しても、まずはこの場をお借りしてお詫びを申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。
言い訳になってしまうのですが、私はその場に居合わせていた際、前述の感情などにより、当時私は大変混乱しており、夫がお相手の方にお金を請求したことについては全く認識しておらず、後日、夫から当日及びそれ以前の飲食代の請求をしたと知らされました。
また、この2ヶ月間、私は誰とも会うこともなく、連絡を取ることもありませんでしたが、その事で皆様に余計な心配を掛けたくない、という一心で、事実と異なるインスタグラムを上げてしまっておりました。この結果、皆様に不快な思いをさせてしまったことに対しても、心よりお詫び申し上げます。

今後の夫婦間のことですが、今回の件により、夫婦の形が少しずつ変わってきています。
今回の件は、今後の事を考える一つのきっかけと思います。
これから、私自身、今回のことを深く反省しながら生活し、まずは母として息子のことを一番に考え、守っていきたいと思っています。
重ねて、この度は皆様に対し、ご迷惑、ご心配をお掛けし、本当に申し訳ありませんでした。

令和元年10月5日
道端アンジェリカ

※道端アンジェリカ所属事務所公式サイトより引用

2019.10.7 <追記>

その後の捜査関係者への取材で、新たな事実が分かりました。
キム容疑者は、自身が経営するバーの個室で、妻の道端アンジェリカとAさんが親しく飲酒する姿を映した防犯カメラの動画を見せて脅していたとのことです。

また、今回の事件を受け、道端のインスタグラムのコメント欄には批判の声が殺到していたが、10月7日までにコメント欄が削除された。
道端は10月6日に所属事務所の公式サイトを通じて発表したコメントで
「この2ヶ月間、私は誰とも会うこともなく、連絡を取ることもありませんでしたが、その事で皆様に余計な心配を掛けたくない、という一心で、事実と異なるインスタグラムを上げてしまっておりました。この結果、皆様に不快な思いをさせてしまったことに対しても、心よりお詫び申し上げます。」
とインスタ更新の真意について釈然としない説明をし謝罪をしていた。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク