全番組降板の元日テレ・アナウンサー阿部哲子がW不倫を認める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

元日本テレビアナウンサーで現在はフリーのアナウンサーとして活動する阿部哲子(39)が、W不倫の疑いでMCを務めていた番組を全て降板することが分かった。

阿部アナは、出演していた『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)、『バラいろダンディ』、『田村淳の訊きたい放題』(共にTOKYO MX)を全て降板。
表向きには体調不良を理由と説明していたが、実際はW不倫が関係していたことを「NEWSポストセブン」が報じた。

報道によると、阿部アナは2015年頃から妻帯者である50代の男性とのW不倫がスタート。
しかし、今年の5月にAさんが病気で亡くなったことでAさんの妻が不倫記録のメールを発見したという。
Aさんの妻が番組関係者に阿部アナの降板を求める告発をしたのが番組降板の真相なのだ。

阿部アナは同誌の取材に対しW不倫を認めたとのこと。

阿部アナは2017年に離婚しており現在はシングルマザー。
全番組降板となった代償はあまりにも大きい。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク