嵐が国民祭典で天皇陛下に披露した奉祝曲に口パク疑惑?!噂を徹底検証してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2019年11月9日に皇居前広場で天皇陛下のご即位をお祝いする「国民祭典」が行われました。
安倍晋三首相(65)や歌舞伎俳優の松本白鸚(77)さん、女優の芦田愛菜(15)さんらが祝辞を述べたが、
中でも注目を集めたのは、人気アイドルグループ「嵐」がこの日の為につくられた奉祝曲「Ray of water」を披露したシーン。

作編曲家の菅野よう子氏(55)が作曲した奉祝曲「Ray of water」は約13分間にも及ぶ3部構成で天皇陛下の研究分野である「水」がテーマ。
各楽章は、オーケストラ演奏の第一楽章「海神」、盲目のピアニスト・辻井伸行氏(31)がピアノ演奏で加わる第二楽章「虹の子ども」、脚本家・岡田惠和氏(60)が作詞を手がけた第三楽章「Journey to Harmony」の構成。
この第三楽章「Journey to Harmony」人気グループ・嵐が熱唱したのだが、インターネット上では嵐の歌が口パクだったのではと話題になっている。

嵐が熱唱した奉祝曲「Ray of water」
第三楽章「Journey to Harmony」

嵐の歌をみたインターネット上での様々な反応

完全に口パクという声や、生歌と録音をミックスしていたという声など、様々なな声があがっています。

中でも曲のラストの大野君のビブラートに対する疑問や指摘が多いようです。

以下の動画が分かり易いようです。
動画の12分を過ぎたあたりからが大野君のラストソロシーン。

確認しましたが、素人にはよく分かりませんでした。

様々な声がインターネット上にとびかっていますが、素晴らしい歌声を披露しお祝いに花を添えてくれた嵐の皆さまに感謝しかありません。

奉祝曲「Ray of water」フルバージョン

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク