ラグビーワールドカップ後の暴行容疑で電通局長の吉野純容疑者が逮捕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

10月13日(日)に行われたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の日本対スコットランド戦の観戦後、神奈川県横浜市港北区にある横浜国際総合競技場(日産スタジアム)の会場で警備員に暴行したとして、神奈川県警港北署は、大手広告代理店の株式会社電通の新聞局局長で株式会社デジタルセンド代表取締役副社長の吉野純容疑者(51)を現行犯逮捕した。

吉野容疑者は「たたいていません」と供述し、容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、同日午後10時15分頃、日本対スコットランド戦が行われた横浜国際総合競技場(日産スタジアム)内で、人員整理に当たっていたアルバイトの男性警備員(21)の顔面を殴った容疑。
現場近くにいた警察官がその場で取り押さえた。
警備員にケガはなかった。

同署によると、吉野容疑者は試合終了後に退場ゲートへと続くスタジアムの通路脇の柵をずらして前の人を追い抜こうとしていた為、男性警備員が注意したところ腹を立て、男性警備員の左頬を右手で1回たたいた。
当時、吉野容疑者は日本代表のユニホーム姿で酒に酔っていた。

電通は、今ラグビーワールドカップのマーケティングや市場調査などを担当している。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク